忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/12/18 00:38 |
ザック日本vsイタリア、スペイン浮上 南米選手権代替案
ファンに手を振り帰国するザッケローニ監督。7月の南米選手権(アルゼンチン)の出場辞退も検討しているサッカー日本代表が、代替案として7月に欧州に短期遠征し、イタリア代表かスペイン代表を相手にチャリティーを兼ねた強化試合開催へ動いていることが30日、分かった。Jリーグが東日本大震災の影響で延期したリーグ戦を7月に開催することを決定し、選手の日本代表派遣が難しい状況となっている。日本協会は南米選手権に出場する方法を模索しつつ、代表強化へ最善の方法を探していく。日本代表に、7月の欧州アウェー戦プランが急浮上した。世界王者のスペインか、強豪イタリアを候補に調整中。日本協会関係者は「(欧州の)アウェーなら海外組も集められる。ザッケローニ監督もランキング上位とやりたがっている」と話した。スペイン協会は震災直後に、来日する意思を表明。イタリア協会は、ザッケローニ監督に対して全面協力を約束している。震災を経て迎えた非常事態。2カ国のいずれかに絞って、強化試合を組みたい考えだ。9月のW杯アジア3次予選を控え、7月は重要な強化期間にあてていた。南米選手権出場なら、日本は1次リーグで7月2日にコロンビア、7日にボリビア、11日にアルゼンチンと戦う。さらに16、17日に準々決勝、19、20日に準決勝、24日が決勝という日程。最大1カ月の長期合宿を重ねながら南米という敵地で真剣勝負を行う、またとない強化プランだった。Jリーグが震災の影響による延期試合を7月に重点的に組み込む方針を決めたため、同大会への出場は難しくなっている。現在、日本協会は出場する方法を模索しているが、Jリーグ勢のトップ選手が出られないケースも想定される。主催者側はアジア杯を制したトップチームの出場を期待するだけに、日本協会・小倉純二会長(72)は「こちらが頼み込んで招待出場が決まった。事情を説明に南米に行くことも考えている」と話した。欧州勢とのアウェー1試合なら、拘束期間も最長1週間で済むため、折衷案としてJリーグ側から理解を得られる可能性は高い。相手は王者スペインか、ザック監督母国のイタリアか‐。欧州アウェーでの強化試合で鍛え上げる。

育児ノイローゼ症状
胃潰瘍の原因と治療法
いびき解消法
ホクロ除去
冷え性(ひえしょう)改善法
PR



2011/04/01 14:08 | NEWSプラス5

<<日大三が2年連続4強!打線爆発22安打13点/センバツ | HOME | カズ、ジーコ氏から慈善試合出場オファー>>
忍者ブログ[PR]