忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/12/18 00:45 |
東京メトロ、都営地下鉄統合問題 「両社は歴史的に一つ」、国と都が初協議
東京メトロと東京都営地下鉄の経営統合問題で、国と東京都が3日、経営一元化の課題などを話し合う初めての協議を国土交通省で開いた。協議は猪瀬直樹都副知事や本田勝同省鉄道局長のほか、東京メトロの梅崎壽社長らが出席。会議冒頭、猪瀬副知事は「両社は歴史的に一つ。経営統合を含めて話し合うべきだ」と述べ、本田局長は「都と情報交換し、利便性向上の努力をしていきたい」などとした。協議後、猪瀬副知事は報道陣に「メトロは都の税金も投入された公共的存在。利用者サービスを考えないのは矛盾だ」とし、「いまを逃したら経営統合のチャンスはない。年内に(中間報告などの)形まで持っていきたい」と語った。今後、協議は毎月1回開かれる。協議は、猪瀬副知事が6月、東京メトロの株主総会で国に要請。前原誠司国土交通相も7月、「国交省としてもお受けしたい」と述べ、開催が決まった。東京メトロの株式は、国が53・4%、都が46・6%を保有する。同社は平成16年、東京地下鉄株式会社法により、営団地下鉄が廃止され誕生した。同法は同社の完全民営化のため、国と都の所有株式の早期売却を定めている。都は株式上場前の都営地下鉄との統合を主張しているが、国は都に株式の早期売却を求めており、都営地下鉄が抱える1兆円以上の長期債務などを理由に統合に難色を示してきた。石原慎太郎都知事は「一元化しなければ、ユーザーにとって失礼。国が株を売るなら都が買う。都は一緒に売るつもりはない」と繰り返し発言。一方、前原国交相は「一緒にするメリットとデメリットはかなりある。慎重に考えなければならない」と統合に慎重な姿勢を示している。

アンチエイジング
アスタキサンチンの効果・効能
アトピー性皮膚炎
敏感肌対策
ボトックス注射
PR



2010/08/11 19:43 | NEWSプラス3

<<AKB48・高橋みなみ入院から復帰 峯岸の落語代役にノースリーブス号泣 新曲イベント | HOME | 日航・慰霊道整備で御巣鷹積立金借用 経営難で1200万>>
忍者ブログ[PR]